ときどき写真日和

<   2013年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧

対照 1

b0102780_10134785.jpg
2012年11月、D4、AiAF Zoom-Nikkor 20-35mm F2.8D、内房線五井駅

機会があったら、2色の気動車に乗って終着駅まで行ってみたい!


話は変わって
Out of Order 2013年春ライブが間近です!

にほんブログ村 写真ブログへ五井駅東側の景観が変わらずにいて欲しい。。。
[PR]
by meteortrain | 2013-02-28 23:58 | 気持ち | Comments(2)

虎の子レンズ

b0102780_9511225.jpg
2012年12月、D3、Ai AF Nikkor28mm F1.4D、木曽福島

28mmの焦点距離が自分に合っていると思っています。
たいした理由はありません。
強いていえば、24mmだといかにも広角で撮った感があまり好きではなかった程度。
しかし、流れ星を撮るときには24mmの画角より対角線で10度ほど狭い28mmの画角の差で
流星を取りこぼしてしまうだろう。

1990年代、流星の写真撮影はフィルム全盛。
1個の流星がとても貴重だった時代。
それ故に、1つでも流星を多く捉えるにはfの明るいレンズと高感度フィルムは欠かせない。

天文部の先輩SさんがキヤノンのFDレンズ24mm F1.4を2本所有し、

にほんブログ村 写真ブログへ流星撮影していたのをとても羨ましく見ていた。
[PR]
by meteortrain | 2013-02-27 23:58 | 木曽福島 | Comments(0)

期待

b0102780_23134246.jpg
2012年12月、D3、Ai AF Nikkor28mm F1.4D、木曽福島

その28mm F1.4Dレンズが製造中止になってそろそろ10年は経過するでしょうか。
部品払底でオーバーホールが出来なくなる日も近いような気がします。

にほんブログ村 写真ブログへ新しい技術を用いた28mm F1.4レンズが実現して欲しいですね。
[PR]
by meteortrain | 2013-02-26 23:58 | 木曽福島 | Comments(0)

静かに星空を眺める...カメラとレンズ

b0102780_6404094.jpg
2012年12月、D3、Ai AF Nikkor28mm F1.4D、木曽福島

昨年のふたご座流星群でたくさん撮った画像から
1コマずつパソコンの画面に表示して流星をみつけている最中です。
28mm F1.4Dレンズを手に入れてから15年以上経過しているでしょうか。
購入時は清水の舞台から...の気持ちでしたが、
にほんブログ村 写真ブログへ今も元気に星空と流星の光を集めてくれています。
[PR]
by meteortrain | 2013-02-25 23:58 | 木曽福島 | Comments(0)

語らい

b0102780_6305470.jpg
2012年11月、D4、Ai AF Nikkor28mm F1.4D、八ヶ岳少年の家

寒いねえ〜
寒いですよねえ♪

と言いつつ
腕組みしながらも表情は爽やか

にほんブログ村 写真ブログへ前日の夜は快晴に恵まれて星空を堪能したおかげです。
[PR]
by meteortrain | 2013-02-24 23:58 | 八ヶ岳 | Comments(0)

(Rigetsusyou)2012年ふたご座流星群の写真 -もう1枚!-

星座線入り、輻射点入りの画像のトーンカーブを輻射点無しのものと揃えてみました。
撮影地は高崎市だそうです。
画面の北側隅が暗く写っていますが、これは周辺光量落ちとも読めますし、
またはオリオン座よりも南側は天の川銀河+高崎・前橋の光害のためとも考えられます。
私にとって、ズームレンズの絞りF3.5、ISO800, 30秒でこれだけ天の川銀河が写るのを確かめられたのが

b0102780_10383872.jpg
2012年12月、EOS20Da、EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM(F3.5)、 ISO800, 30s. Photo by 璃月翔(りげつしょう)

にほんブログ村 写真ブログへ収穫であります。璃月翔さん、ありがとうございます!
[PR]
by meteortrain | 2013-02-23 23:58 | 星の写真おぼえがき | Comments(2)

(Rigetsusyou)2012年ふたご座流星群の写真 -直感!-

ふたご座流星群極大日に流星を撮影された璃月翔さんから画像を送ってもらいました。
その画像は、
空の色の黒がよく締まっていて恒星と流星が分かりやすい。
ふたご座の足下がぼんやりと白い。

ん?これは・・・

これは天の川銀河だと確信して、トーンカーブをちょっと触ってみました。

b0102780_8471920.jpg
2012年12月、EOS20Da、EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM(F3.5)、 ISO800, 30s. Photo by 璃月翔(りげつしょう)

にほんブログ村 写真ブログへ出てきましたよ・・・天の川銀河♪
[PR]
by meteortrain | 2013-02-22 23:58 | 星の写真おぼえがき | Comments(0)

(Rigetsusyou)2012年ふたご座流星群の写真 -さらに分かりやすくなった!-

b0102780_229051.jpg
2012年12月、EOS20Da、EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM(F3.5) ISO800, 30s. Photo by 璃月翔(りげつしょう)

撮影者の璃月翔さんから星座線入り、輻射点入りの画像を送ってもらいました。

星座線が入ったのでふたご座のイメージがしやすくなったでしょうか。
ふたご座のカストル付近の明るく少し丸が大きい点が輻射点です。

にほんブログ村 写真ブログへこのおかげで多くの方々にふたご座のイメージを共有されやすくなったと思います。
[PR]
by meteortrain | 2013-02-21 23:58 | 星の写真おぼえがき | Comments(0)

(Rigetsusyou)2012年ふたご座流星群の写真 -分かりやすい!-

b0102780_637952.jpg
2012年12月、EOS20Da、EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM(F3.5) ISO800, 30s. Photo by 璃月翔(りげつしょう)

星の会で拝見したふたご座流星群の写真を見て
思わず「わかりやすい!」と叫んでしまいました(笑)。

星空を見て星座をイメージ出来ますでしょうか。
そして星と星を結んで星座線を思い浮かべることができるでしょうか。

この写真は
ふたご座の頭付近に輻射点があるふたご座流星群に属した明るい流星が
となりのおうし座の顔をかすめて飛んでいく。

たった1個の流星ですが、
これだけでふたご座流星群の流星とわかってしまうのです。

にほんブログ村 写真ブログへ撮影データと撮影者は追加いたしました。
[PR]
by meteortrain | 2013-02-20 23:58 | 星の写真おぼえがき | Comments(0)

ここはあこがれの地

b0102780_2363082.jpg
2012年12月、D4、Ai AF Nikkor28mm F1.4D、木曽福島

大きな望遠鏡やパラボラアンテナのあるところが
私の憧れの場所である。
新しい機材が今までみたことのない画像を提供したり
新たな発見をもたらしてくれる予感。

なんと単純な・・・と言われそう^^;

にほんブログ村 写真ブログへここは特殊な光学系を用いた広視野望遠鏡が設置されています。
[PR]
by meteortrain | 2013-02-19 23:58 | 木曽福島 | Comments(0)