ときどき写真日和

カテゴリ:デジタル処理( 7 )

光る砂の向こうに・・・宇宙

3月30日は夜から雨が降り始めました。
雨の中の夜桜を撮るつもりだったのですが、帰りが遅くなって写真は撮れませんでした。
3月31日までに終わらせなくてはいけない案件があり、
それがうまくいかないと今年度の努力が水の泡になりかねないので・・・

今日は1日ドタバタしています(汗)

本日中にもう1回更新出来るか否か・・・またお会いできればいいですね♪

       ☆      ☆      ☆

超高感度ビデオカメラで撮影した系外星雲の1つです。
系外の系は銀河系のそれです・・・銀河系より遠くの宇宙です。
120フレーム積分した画像をご覧になっていただいています。
「光る砂の向こうに・・・」はノイズの事です。
b0102780_7201221.jpg
M104 ソンブレロ星雲

スター☆パーティ天文台 40センチカセグレン+カラーインパクトロン 4秒積分

にほんブログ村 写真ブログへ今日はちょっと手つかずでどうも済みません!
[PR]
by meteortrain | 2008-03-31 07:21 | デジタル処理 | Comments(8)

ナマモノは早めに調理を

b0102780_2216439.jpg

 流星観測の話になります。
 流星は一年を通してみる事が出来ますが、流星群が見られる時期に空を見上げれば流星と遭遇する可能性は高くなります。流星が飛んだ道筋を逆にたどってみて覚えてみましょう。数個の流星の道筋を逆にたどると1つの点に収束します。その点を放射点と呼びましょう。流星群の名前は放射点のある星座の名前を頭につけて呼ばれます。

 1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群、そして12月のふたご座流星群を三大流星群としましょう。他にもありますが、先に挙げた三大流星群と比べると流星数が少ないか、かつてたくさん流星が見られたが今は大きく数を減らしているので、ここでは取り上げません。

 この流星を眼視で観測している人達がいます。彼らの努力のおかげでペルセウス座流星群は空の条件が良い時と時間帯には1時間30個以上見られる、という情報を受け取る事が出来ます。

 この仲間達で強く言われている事。それは「ナマモノは早めに調理を」です。流星観測をしたら忘れないうちに直ちにデータをまとめて報告をしよう、ということです。20年前でしたらペーパーメディアしかありませんでしたので、観測報告は郵便で送り、3ヶ月遅れで観測のまとめを手にしていました。今は電子メールの普及で流星観測の数日後には全国の観測者からの報告を基にして集計がされ、海外にも報告されるようになりました。

 この瞬間にも世界のどこかの夜空で音も無く流星が流れているはずです。どこかで満月と同じ位明るい流星が流れていたり、隕石落下もあるかもしれません。

 ipi-p先生のブログでRAWの話を聞いてからというものの、面倒くさい、メモリーの容量を食うという先入観で遠ざけていたRAWを使っていこう、付き合っていこうと考え始めました。

 過日小淵沢の田んぼを撮りに行った時はフィルムとデジタル一眼レフを持って行きました。デジタルは殆どJPEGで撮ったのですが、ためしにRAW(NEF)で2枚撮ったものがあります。これを使って再度チャンネルミキサーを使ったモノクロ写真にトライしてみました(汗)。
にほんブログ村 写真ブログへ←流星観測も写真もナマものが一番。
[PR]
by meteortrain | 2006-06-16 22:27 | デジタル処理 | Comments(3)

私の画像処理ことはじめ(5)表現を楽しむ〜試行錯誤中〜

b0102780_10595016.jpg
ipi-p先生の写真を楽しむレッスンが再開しました。前回はチャンネルミキサーを使ったモノクロ写真へのトライ。今回は表現編です。試行錯誤しながら(あっ、これは私だけかも)楽しく写真を学んで行く公開レッスンが楽しみです。
 Pomboさんがこのようにセットされています。私もフォトショップで以下のように操作してみました。
フォトショップをスタート。画面上に「Photoshop ファイル 編集 イメージ レイヤー ・・・(以下省略)」が出ます。
ポインターをイメージに置くとメニューが下に伸びます。メニュー中の色調補正を使いました。

1:明るさ・コントラストをかける。
イメージ→色調補正→新たなメニューが出る→明るさ・コントラストを選びます。

2:色を出す:チャンネルミキサーを使いました
イメージ→色調補正→新しくメニューが出る→チャンネルミキサーを選びます。

 以下はチャンネルミキサーの操作パネルの話です。パネルの中に出力先チャンネルがあります。
(a)グリーンの出力先チャンネルを選びスライドレバーを 
   レッド:-14、グリーン:+100、ブルー:-16 にセットしました。
(b)ブルーの出力先チャンネルを選びスライドレバーを
   レッド:+34、グリーン:0   ブルー:+18 にセットしました。
ここまでの成果が上の画像です。

3:日輪(光の輪)を出す。
  こ、これは・・・どうしたら。pomboさんのセットを見たら「フォトショップで逆光処理(ムービー処理)」。こんなのがあったのですね??

にほんブログ村 写真ブログへ←いつもありがとうございます
[PR]
by meteortrain | 2006-06-16 11:31 | デジタル処理 | Comments(4)

私の画像処理ことはじめ(4)アンセルアダムスへの道は遠く

 遅くなりました。ただいま帰りました。これから書き込みですがよろしくお願いします。前にも紹介しました、ipi-pさんの写真ブログでチャンネルミキサーを使ったモノクロ表現にまたまたトライしています。青空を暗く表現し、アンセルアダムスふうの作品をめざしていますが、うまくいきません。

 ipi-pさんの公開講座の生徒さんの1人(失礼)mota-motaさんで、良好な作品をものにされています。私も先日八ヶ岳、甲斐大泉に行った際に撮った写真の中に使えそうなものがあったので、これを使いトライしましたがうまくいきません。よく見るとブロックノイズも出ています。私のチャンネルミキサーのオペレーションと素材が悪いのが最大の原因だったりして(笑)
ファーストトライ:ブロックノイズが出ている例
b0102780_22503025.jpg

セカンドトライ:mota-motaさんからアドバイスいただきました。ブロックノイズ消えました。
b0102780_13404643.jpg

 元画像はこちらになります。

にほんブログ村 写真ブログへ←失敗は成功のもと。みなさん、がんばりましょう!
[PR]
by meteortrain | 2006-06-05 23:01 | デジタル処理 | Comments(0)

私の画像処理ことはじめ(3)

 ipi-p先生のブログで進行中のモノクロ写真表現。今度はチャンネルミキサーでモノクロ化した後に「色相・彩度」を使い色の調子を変えます。課題はこちらです。

宮崎市内・大淀川にて オリジナルです。
b0102780_031350.jpg

単にグレースケールにしたものです。
b0102780_041021.jpg

色相・彩度を使ったものです。
b0102780_045760.jpg

色相:195、彩度:25位
最初はセピア調を狙っていたのですが、せっかくなのでちょっと違った冷黒調ならぬ冷青調でいってみようと試行錯誤しているうちに、自分は何を強調したいのかわからなくなり、迷ってしまいました。

にほんブログ村 写真ブログへ←にほんブログ村写真ブログに飛びます。アフエリエイトではありません。
[PR]
by meteortrain | 2006-05-28 00:10 | デジタル処理 | Comments(4)

私の画像処理ことはじめ(2)

 画像処理の話を続けます。ipi-pさんのブログで「モノクロ写真を極めよう」シリーズが進行中です。今回の課題はこちらです。いままでPhotoshopユーザーでしたが、極くわずかの機能しか使っていないので知らない事がまだまだたくさんあります。

b0102780_20324893.jpg

b0102780_20331043.jpg

b0102780_20332615.jpg

b0102780_2042558.jpg

最初の写真は今回の課題につかったオリジナルのカラー画像、次はPhotoshopのグレースケール画像、3番目はRGBのスライダーをR+90/G+100/B-10にしたもの。なんとなく空の部分の画像が荒れているような気がしたので、最後はR+76/G+42/B+24でやってみたものです。作例としては雲が少ないですが、それ以外の空と海の青、青島の緑、青島神社の鳥居の赤があります。クリックしますと拡大します。
この機会にすこしずつでもデジタル写真の表現を覚えようと思います。。。もとい、覚えるためにも付いていこうと思います(笑)

にほんブログ村 写真ブログへ←面白い!と感じたらぜひ。
[PR]
by meteortrain | 2006-05-27 20:51 | デジタル処理 | Comments(5)

私の画像処理ことはじめ(1)

 えっ?何をいまさら...と言われそうですが、今まで無手勝流&思い込みでやっていたもので、当然うまくいきません。私の場合はコントラストや明るさをちょっと変える、画像解像度を変える...といった程度のフォトショップ底辺ユーザーです(泣き笑い)。

 このブログを立ち上げるにあたり最大のきっかけを提供してくださった
ipi-pさんのブログで画像処理の話
をはじめました。それを見ながら画像処理とその効果を学んで行きたいです。

 下の写真は、先日の「星を見る人々」をグレイスケールにしたものです。
b0102780_2130582.jpg

 次はチャンネルミキサーを使い、「モノクロ」をチェック。RGBのスライダーをR-0%/G-0%/B-100%にしました。
b0102780_2262964.jpg

 今度はRGBのスライダーをR-100%/G-0%/B-0%にしました。
b0102780_2274650.jpg


 おおおっ、R成分を上げたら赤茶色の土と灌木が白くなった!R成分をそのままにしてBG成分を上げたら土と灌木の部分が濃くなった。効果歴然です。

 チャンネルミキサー、今まで使ったことなかったのかと問われれば、はい、確かに、、一度も使ったことがありません...。フォトショップ奥深い(って今頃言ってるって:苦笑)

にほんブログ村 写真ブログへ←勉強しなくては!
[PR]
by meteortrain | 2006-05-26 22:13 | デジタル処理 | Comments(1)